初心者のための注文住宅情報サイト


こだわりの注文住宅を建てよう

当サイトでは、マイホームを建てる人にお役立ちの情報をご紹介しています。
間取りや部屋数、階数をはじめとした注文住宅での家づくりに欠かせない情報を知ることができます。
建売ではなく一から自分たちで家づくりを行いたいと考えているのであれば、当サイトの情報を参考にしてください。
マイホームは非常に大きな買い物です。
知らなければ後悔してしまうことも多いですので、失敗してしまわないようにきちんと勉強しておきましょう。

注文住宅の間取り

注文住宅の間取り 注文住宅では間取りの希望も伝えなければなりません。
家族の人数やどういった部屋が欲しいかによって、大きく異なってくることなので、きちんと考えてから希望を出す必要があります。
現状を考慮することは勿論ですが、将来的に家族が増える可能性や現在は離れて住む家族と同居する可能性なども考えて、必要であれば余裕を持った間取りにしなければならないでしょう。
家族の人数や暮らし方によっておすすめは異なってきます。
工務店や住宅メーカーに相談しても良いですが、インターネット上でシミュレーションすることもできるので、事前に試してみると良いでしょう。
注文住宅でマイホームづくりを行う際は、後悔しないように間取りについて考えるようにしてください。

注文住宅で間取りの決め方に失敗しないために気を付けること

注文住宅で間取りの決め方に失敗しないために気を付けること 注文住宅でマイホームを建てるのであれば、工務店や住宅メーカーに自分たちの希望を伝えなければなりません。
伝えるべき希望の中には間取りに関することも含まれますが、部屋の数や配置に関してきちんと決めておかなければ、実際に出来上がってから後悔してしまう可能性もあります。
注文住宅を建てるときには、間取りの決め方に失敗してしまわないように注意しておかなければならないでしょう。
まず部屋の数を決める必要がありますが、もしも将来的に子供が増える可能性や現在は離れ住んでいる家族と同居する可能性があるのであれば、余裕を持った部屋数が必要となります。
現時点で必要となる数だけでは、足りなくなってしまったというケースもあるので、使わない間は客間や書斎として利用する部屋を設けても良いでしょう。
部屋の数が決まったら大きさや配置を決めなければなりません。
この時に生活の動線を意識した配置にしておかないと、実際に生活してみると暮らしづらかったということもあるので注意が必要です。
キッチンやお風呂、トイレなどの位置も重要ですので使いやすい配置を考えましょう。
注文住宅で間取りを決める際は将来のことや実際に生活する様子を考えながら、決めることが大切だと言えます。

時代の変化により注文住宅の間取りも設計で自由自在に!

注文住宅は建売住宅と違い、自分の思うままの設計で自由に使いやすい間取りにすることが出来るのがメリットです。住宅設備や住宅資材も最新型の高度な機材が豊富に出回る中、部屋の造りや構造材についても自由自在に組み合わせる工法が主流となっています。人々の注文住宅に対する意識や変化も最近では、情報が瞬時にとれるせいかとても建築設計に詳しくなっている人が多いと聞きます。
一昔前までは、家族の人数も多く家を基準として暮らしていましたが、昨今、社会経済関係の変化や家族構成の違いにより快適に過ごす間取りの考え方も随分変わってきました。そもそも住宅は、長い間快適に暮らすためのものです。いくら家族であっても一つ屋根の下に暮らしていれば干渉されたくないことも日常多くあると思いますが、そのくくりの中で部屋の設計を考えるものです。生活様式が時代とともに変わってきていますが、いつになっても注文住宅の良さは折り紙付きなので、発注時は良く業者と相談することをおススメします。

注文住宅の間取りで収納量を考えるポイントとは

注文住宅の強みといえば、やはり設計の自由度が高いことでしょう。建物の外観デザインから室内の間取りやインテリア、あるいは水まわりの設備や外構の各ゾーンまで、住まいのあらゆる箇所を施主さんの希望通りに設計することが可能です。そんな強みの中で意外と忘れやすいのが、収納スペースの間取り。
日常生活ではあらゆるモノが必要になりますが、それらを適切に収納できなければ、家中に様々なモノがあふれ返ってしまいます。これでは室内の見栄えを損なうだけでなく、家事や育児の効率が低下したり、キッチンやお風呂場といった水まわりの衛生環境が落ちる、リビングや寝室で快適に過ごせない等、日々の暮らしにも様々な支障をきたすことになりかねません。したがって注文住宅では、収納スペースを計算した設計も重要になります。その際の大切なポイントとしては、自分たちの家族構成や生活パターンそして持ち物の量を把握した上で、それにふさわしい収納量を持ったスペースの数や広さそして配置などを、しっかり計算することです。

注文住宅の間取りでリビングを設計するポイントとは

自由設計の注文住宅では、リビングの間取りも自分たちの希望やニーズに合わせて、理想通りに仕上げることが可能です。とはいえ、思いつくままに場当たり的に決めてしまうのであれば、完成してからあれこれ不都合や不便さが目立つようになり、暮らしで後悔することにもなりかねません。これではせっかくの注文住宅も台無し。
したがってその間取りを決める前に、あらかじめ幾つかのポイントを知っておくことが求められます。その中で特に知っておきたいのが、機能性を重視することです。この部屋は家族が団らんで集まるケースが目立ち、家の中でも利用頻度が高くなる傾向があります。そのため家族が往来しやすいように、日頃の生活動線をしっかり計算に入れることがポイントになります。例えば朝の出勤や通学の忙しい時間帯には、トイレや洗面所を使用する家族と干渉しないように、あるいは夕食の時間帯であれば、調理や洗いをする人と食事をする家族とのシームレスな連絡が可能になるように、機能性や使い勝手を考えたリビングの設計が求められます。

注文住宅の間取りで採光性を重視するならば

自由設計の注文住宅では、建物全体のスタイルやデザインはもちろんのこと、室内の間取りについても、自分たちの思い通りにプランニングすることが可能です。その際に何を重視するかは、施主さんが注文住宅に何を求めるのかで決まるもの。
例えば収納性を重視するならば、玄関のすぐ横に大容量のシューズボックスやウォークインクローゼットを配置したり、家事の快適性を考えるなら、キッチンや洗濯スペースあるいはベランダの物干し場など、家事に不可欠なゾーンの移動線を重視した設計になるはずです。そして施主さんの中には、日常生活でお部屋を明るく保つために、採光性を重視するケースもあることでしょう。その際のポイントは、まずできるだけ日当たりに優れた土地を選ぶことです。周囲に日光を遮る高層ビルや山林の有無、住宅密集地であれば隣接する建物の影になる時間帯、あるいは日光が差し込む方角や時間帯など、多角的な視点で採光性をチェックすることが肝心。その上で窓の配置や大きさそしてタイプを考えたり、リビングや客間には光が入りやすい吹き抜けを取り入れるなど、様々な工夫が求められます。

注文住宅におけるストレスの少ない間取りについて

注文住宅を建てる際には数多くの検討事項がありますが、その中でも最も重要といっても過言ではないのが間取りです。一度決めて工事が進んでしまったら後で変更することはできない要素なので、最初にしっかり検討することが大切です。
実際に住んでみたときにストレスが少なくなるような間取りにするためのポイントを3つご紹介します。1つめはキッチン・脱衣所・ベランダを極力近くすることです。家事動線を考えたときに、洗濯とキッチンで家事をすることが多いのでこれらが近くにあると少しの移動で済みます。そしてこれらをぐるぐる回遊できるような動線になっていると、その都度最短ルートを選択できるので便利です。2つめは、玄関からリビングや廊下を通らずに風呂場へ直行できることです。子供が汚れて帰ってきたときに掃除する範囲が最小で済みますのでストレスを減らすことができます。3つめは、2階建ての場合、階段をできるだけ家の中心に持ってくることです。端にあるとその反対側にから2回に用事がある場合に、かなり長い経路を通ることになり、意外とこれが面倒です。これら3つのポイントを押さえて素敵な注文住宅にしていきましょう。

注文住宅は有害な化学物質をゼロに近付ける資材の選定は大切です

注文住宅を建てる際には、間取りやデザイン、水回りの設備などだけに拘るのではなく、有害な化学物質をできるだけ最小限にした住宅資材を使うことにメリットがあります。
化学物質の影響によってシックハウス症候群やアレルギーの問題が家族に出てしまうリスクがあるので、特に屋内側は事前確認が必須になります。
注文住宅の場合では設計から携わることができるので、依頼先の工務店やハウスメーカーと話し合いをして自然素材をフル活用することが最適です。
事例の中には、合板タイプのフローリングは接着剤を使用しているので無垢材を指定することで問題は解決できます。
ビニールクロスの場合でも有害物質を出してしまうので、珪藻土や漆喰を使う他に、無垢材を採用するなど健康被害を出さないためには効果的な資材です。
水回りの設備の床材は耐水性に優れたクッションフロアを採用することが多いのですが、無垢材では汚れが目立ってしまい、衛生面で問題が生じるようであれば、天然素材のタイルを採用する方法で有害な化学物質をゼロに近付けることができるのではないでしょうか。

注文住宅の断熱性はそれほど重要ではないという考え方は正しいか

注文住宅の断熱は非常に重要で適切な断熱性能がない場合、建物内の温度が外気温に左右され快適性が低下するだけでなくエネルギー消費量が増加し、光熱費の増加に繋がります。
熱損失が大きいと暖房や冷房などの設備をより強力なものにしなければならず、設備の費用もかさみます。つまり建築物の長期的なランニングコストを抑えるために、断熱性能は非常に重要です。
断熱を高める方法には断熱材を適切に配置することや窓やドア、壁などの気密性を高めることが挙げられます。これらの方法により室内の温度がより安定し、エネルギー消費量が低下するのです。
また、断熱が高い建物は熱交換器などの熱再利用設備を導入することが容易でよりエネルギー効率の高い住宅を実現することができます。さらに省エネルギーの取り組みにより、地球環境にも貢献することができます。
このように、断熱は住宅にとって非常に重要であり省エネルギーや地球環境への貢献など様々なメリットがあります。したがって、注文住宅を建てる場合は断熱を重視し適切な断熱対策を施すことが必要です。

注文住宅に完備する自家発電は電気料金の負担を減らすだけではありません

注文住宅を建てる方の多くが、現在では自家発電を行えるように屋根や屋上にソーラーパネルを設置して蓄電池も完備した上でオール電化住宅に仕上げることが増加しています。
既に太陽光発電が普及してから長い年月が経過していますが、流行した当時よりもパネルの価格が下がっていることや、発電量が大きいパネルも普及しているので、毎月に電力会社に料金を支払う際の負担を軽減するという方法でも採用されています。
一方で最初から家庭内で消費する電力の殆どをカバーできるように仕上げることは、注文住宅であれば設計に最初からパネルの設置場所を確保することが可能になります。
この利点を利用して自家発電機能を持たせることにより、実質的に電気料金をゼロ円にすることも決して難しいことではありません。
注意点はあり曇りや雨降りの日は発電量が少なくなるものなので、電気料金の負担を減らすには新電力会社など基本料金をゼロ円にしている会社と契約を結ぶことにより、かなりの節約を行うことができます。

注文住宅は趣味などがあるならそれを考慮したほうがいい

注文住宅とは自分たちが暮らす家を自分たちで設計・建築することです。一方新築マンションや一戸建て住宅を購入する場合は、既存のデザインや仕様に沿って購入することになります。
注文住宅の最大のメリットは、自分たちが暮らす家を自由自在にデザインできることです。そのため、自分たちのライフスタイルや趣向を反映させることができ例えば料理が趣味なら、広いキッチンスペースや調理器具の収納スペースを重視することができます。音楽がいいなら、音響設備を充実させたり音漏れが少ないような設計をすることもできるのです。
自分たちの趣味を反映させることで、自分たちが住む家がより快適な空間になります。自分たちのライフスタイルに合わせた設計をすることで、家事の効率化や家族のコミュニケーションの促進にもつながります。
ただし、注文住宅を建てる場合は、建築士や設計士などの専門家のアドバイスを仰ぐことが重要です。自分たちのアイデアを実現するためには、建築技術や法律の知識が必要になります。
専門家とコミュニケーションをとりながら、自分たちが求める住まいを実現することができます。
注文住宅は一生に一度の大きな買い物です。自分たちの好きなことやライフスタイルに合わせて設計することで、理想の住まいを手に入れることができるのです。
しっかりと計画を立て専門家のアドバイスを仰ぎながら、素敵な住まいを実現してください。

注文住宅で2世帯住宅にするときの注意点とは何か知りたい

注文住宅で2世帯住宅を建てる場合、以下の注意点に留意することが重要です。注文住宅では同居する家族の生活スタイルや希望を把握することが大切です。例えばプライバシーが重視される場合は、別々の住居スペースを設ける必要があります。
建物の配置とデザインも重要で例えば、2つの住居スペースを分離するために別々の玄関を設けることができます。また、住居スペースの配置や間取りも、同居する家族の生活スタイルに合わせて検討する必要があります。
2世帯の住宅は、1つの建物に2つの住居スペースを設けるため設計や施工に高い技術力が求められるのです。そのため施工会社の選定には十分な注意が必要です。
2世帯の住宅は、建物の面積が大きくなるため建設費用が高くなる傾向があります。資金計画をしっかりと立てて、建設費用や維持費用を見積もり、家族全員が負担可能な範囲内で建設する必要があるのです。
2世帯の住宅には、家族関係の変化による所有権の問題や建築基準法などの法律的な問題が発生する可能性があります。そのため、法律的な問題を確認し適切な手続きを行うことが必要です。
以上のように2世帯住宅を建てる場合は、家族の希望や生活スタイルに合わせた設計や施工、資金計画や法律的な問題について十分に考慮することが重要です。

注文住宅に関する情報リンク

八王子 注文住宅